玲星(れいせい)密教二十七占術

玲星,れいせい,密教,二十七,占術

玲星(れいせい)

真面目で正直、いつも直球勝負
福徳聡明、豊かな人間関係を築く
弁舌に優れ、繊細な優しさを秘める
組織の中で頭角を現す

玲星(れいせい)の特徴

玲星,れいせい 男性と女性とでは、性格が異なります。男性は、繊細で優しさがあり、人付き合いもよく、周囲の人たちへの心遣いもできます。庶民的で気取りがなく、お世辞をいえないタイプです。女性の中にポツンと一人でいても何の抵抗も感じません。
正直者でいつも直球勝負、合理主義を貫くのが玲星の人です。後輩たちの面倒見がよいので、自然と人が集まり、リーダーシップを発揮していきます。 どんなにおとなしそうに見えてもこの星の人は野心家です。内心は権力意識が強く、 権謀術数にたけて、心に秘めた夢に向かって努力を重ねます。表情や行動からはなかなか伺い知ることができない性格です。 女性は、むしろ男性的です。負けず嫌いで、決断も早く行動します。自分の仕事を忠実に果たしていきます。まわりくどい話は苦手で、単刀直入のはっきりした表現をします。人の心の変化を読み取り、優しく声をかけることもできるので人気があります。
男女其通した面で、性格はどちらかといえば陰ですが、頭が良くて真面目で勉強熱心、 口も達者です。一匹狼のような生き方は苦手で、絶えず周囲に仲間たちがいることで落ち着けるようです。心の中はさびしがり屋なのかもしれません。
玲星の特性を生かせるのは組織です。しかも世俗的な権力志向が強く、人を支配することが好きな星といわれているので、ボスの座を獲得してい きます。 この星の人が気を付けなければならないのは、独裁色が強くなり、ワンマン体質が目立つことです。玲星の人は、本米 麦舞台で華を咲かせる人ではなく組織の陰で大きく支配し、自分の野望を達成させて行く人でしょう。
歴史上には、鎌倉幕府をつくった源頼朝、幕末、新撰組を率いた近藤勇。経済界には、経団連会長で政界のご意見番と いわれた、土光敏夫さん、読売新聞社会長の渡沿恒雄さんら がいます。 芸能界では、軍団を率いるビートたけしさんは、玲星の男 性を端的に大しています。姉御肌の和田アキ子さんはお酒が入ると、人を呼び出すくせがあるといわれています。意外とさみしがりやなのかもしれません。またお笑いから司会者など幅広く活躍する上沼恵美子さんもこの星の人です。

密教二十七占術 命星一覧

占い:密教二十七占術 書籍案内

MENU